ディズニー大好きNozo-mile

ディズニーワールドへ行くために仕事をしてちょこちょこマイルを貯めています。2016年12月ANA DIA獲得!旅行記や日常を書いていこうと思います。

2017.8月 DVC Member Cruise(DAY1 Sail Away-1)

 

クルーズ乗船日です。

 

昨日、チェックインのときにフロントで確認したのは9:30~10時頃に緑のジャケットをきたクルーズの担当者がロビーにくるから待っててねってことでした。

 

なのでまずは腹ごしらえということで朝ごはんをたべにフードコートへむかいます。

 

f:id:mac-lily:20170921173551j:plain

 

朝ごはんはシンプルにベーグルとオレンジジュース・コーヒーにしました。

 

あれ。ちゃんと焼いたはずなのにさっぱり焼き目ついてないですね(笑)

f:id:mac-lily:20170921173440j:plain

 

 

こちらのカップにはウォルトの言葉がかいてありました。

あぁ、すごいなと朝からなんだか感動です。

f:id:mac-lily:20170921173456j:plain

 

 

お店の全体はこんな感じです。朝いちばんにきたらお客さんぜんぜんいなかった…というかみんなお部屋に持ち帰ってお部屋で食べる人が多いのかも。

f:id:mac-lily:20170921173536j:plain

 

 

朝ごはんをたべてから少しお散歩して帰りました。空は曇っていますね。

f:id:mac-lily:20170921173510j:plain

 

ディズニーワールド内はパークだけでなく、ホテルの中をお散歩するだけでもとってもたのしいです。

だからここでは、時間がいくらあっても足りないと感じてしまいます・・・

 

f:id:mac-lily:20170921173604j:plain

f:id:mac-lily:20170921173619j:plain

 

 

お散歩から帰って、支度をしたら2家族分のスーツケースはベルデスクに電話をして取りに来てもらいました。

 

クルーズに乗船してすぐ使うものだけは手荷物としてわけておきましょう。

なぜなら、荷物を預けてしまうと乗船してからすぐに受け取れるわけではなく、夕方くらいに荷物は届くのですぐに使いたいものがあってもスーツケースが届かないからです。

 私は機内持ち込みのスーツケースとパークでいつも持ち歩いている大きめのカバンを手荷物としてもっていきました。

 

 

 

クルーズのチェックインがはじまるまではロビーでのんびりすることにしました。

f:id:mac-lily:20171018183030j:plain

 

白頭鷲の置物、かっこいい…!

ここ、グランドフロリディアンのロビーはとっても落ち着きます。時間帯によっては生演奏とかもあって雰囲気もいいですよ。

 

 

そして、言われていた9時半をすぎてグリーンのジャケットを着た人・・・いません。

 

まぁここはアメリカだし、多少時間はおくれるよね~なんて言いながらロビーでのんびりしながら10時・・・グリーンのジャケットを着た人・・・いません。

 

 

f:id:mac-lily:20171018183035j:plain

 

まわりに同じようにメンバークルーズに乗る人はいないかなと見渡しますが、チェックイン・チェックアウトのお客さんもいるのでスーツケース持ってたり持ってなかったりみんなそれっぽく見えます(笑)

 

しばらくすると・・・白シャツで手にバインダーのようなものをもったおばさまが2人、やってきて、近くのお客さんのところで何かをやっています。

きっとこの人たちにちがいないと思い近くにやってきたところでクルーズのブックレットをみせると「あなたたちもメンバークルーズね!」とやってきてくれました。

 

そしてクルーズシャトルの登録があるかをここでおばさまがチェックするのですが、「2人分しか登録はないわ」と・・・。

 

オンラインチェックインの時点でなぜかMちゃん親子のチェックイン画面ではクルーズシャトルの表示がないからおかしいなと思ってオーランドへ行く前にメンバーサービスに電話したらちゃんと4人分登録できているって言われたのに。

そのやりとりをしたこともおばさまにお伝えしましたが「私たちじゃどうにもならないから、とりあえずここでシャトル代を支払うことにしないと乗れないし、乗ってからメンバーサービスで聞いてみたら?」と。

確かにここでこのチェックイン担当のおばさまに言っても仕方ないし、シャトルに乗れないことにはクルーズに乗れないので支払いの手続きをすることに。

 

その手続きを終えると「これでみんなクルーズに乗れるわね!」とおばさま。そしてここでややもめていたのにも関わらず、手続きがおわると「あなたたちは日本から来たの?私の夫は軍人でね、岩国にいったのよ。私も日本に遊びに行ったわ。あぁ、また日本に行きたいわ!東京ディズニーランド、また行きたいの!!!」といろいろお話してくれました。

そして1人聞き終えるともう一人チェックイン担当のおばさまがきてそのおばさまも「私の息子はね・・・」と家族のことをお話してくれました。

おばさまたちとのお話は楽しかった。けど、この切り替えにややついていけない日本人な私たちでした(笑)

 

他愛ないお話をした後、「シャトルには10:45頃乗るからトイレはすませておいて、ここにいてね」といわれました。

ポートカナベラルまではおおよそ90分かかるので12時半頃には港につくはず。

 

前回はボードウォークから出発して12時頃に集合してそれからバスで移動したので13時半すぎについたように思います。

 

 ということで、今回はちょっと早めに到着することがわかって沈んでいた気持ちもちょっと上向きになってきました。

 

 

それでは出発時間になったのでみんなで列になってバスまで移動します。

外へ出るとほらほら、見えてきました!!!クルーズシャトル!!!

 

f:id:mac-lily:20171018183106j:plain

 

 

キャプテンミッキー!ポートカナベラルまでよろしくお願いしま~す!

f:id:mac-lily:20171018183129j:plain

 

私たちは今回リゾートからシャトルバスに乗りましたが、オーランドの空港からもこのクルーズシャトル送迎はあります。

 

ちなみに、リゾートは遅めの出発になるので空港からのほうが早く港にいけると聞いたことがあります。

なので空港に直結しているハイアットに泊まって、翌朝、クルーズシャトルでポートカナベラルまで行くという方もおられるみたいですね。

私たちはなんといってもパークに行きたいのでちょっとしか遊べなくてもリゾートに泊まってしまうのですが・・・(笑)

 

tdrnavi.jp

オーランド空港からポートカナベラルまでシャトルでいく方法はこちらに詳しく書いてあります。

 

 

 

f:id:mac-lily:20171019114833j:plain

 

 

バスに乗るとうとうとしつつも、ウキウキしてしまって寝付けず、車内のモニターでディズニーのアニメーションやトリビアクイズなどやっていたのでそれらを見ながら過ごしました。

 

 

そして、ついにクルーズ船がみえてきました。はじめは小さくみえて、そしてだんだん大きくなって見えるクルーズ船!!

 

きたーーーーー!!

 

f:id:mac-lily:20171019113522j:image 

 

 これです。これ!目の前に大きなホテルのよう。この記事書きながら、このときの気持ちを思い出してなんだか鳥肌が・・・!

f:id:mac-lily:20171019113551j:image

 

シャトルバスをおると、荷物チェックを受けます。空港でうける検査のようなものです。


荷物チェックをうけたらエスカレーターでロビーへむかいクルーズのチェックインをします。ここで船内のID・お部屋の鍵、そしてお買い物ができるカードをうけとります。

 

tdrnavi.jp

ポートカナベラルでのチェックインから乗船までの手順はくわしくはこちらに。とてもわかりやすいです。

 

f:id:mac-lily:20171019114840j:plain

チェックイン後、たしかここでミニーちゃんとお写真をとったのですが、写真がみつからない…。

 

バスの到着はお昼過ぎだったのでグリーティングはないのかなと思っていたところ、ミニーちゃんにあえたのでうれしかったです。

 

 

さあ、チェックインをおえたら、いよいよ船内へ~!

船内への案内はそれぞれグループ番号がきめられています。何番~何番の人はどうぞみたいなアナウンスがながれてるのと、この写真の左側に番号がでているの、みえますかね。ここに表示されているのでそれをみて入るといいと思います。

 

f:id:mac-lily:20171019120137j:image

 

 

 

せっかくなので乗船前に写真を。

f:id:mac-lily:20171019120501j:image

 

ぞろぞろと並んで船の中へいきます。

f:id:mac-lily:20171019120209j:image

 

 船の入り口で「名前は?」と聞かれるので伝えると、乗船のときに〇〇ファミリ~!!と呼んでもらえます。そしてクルーが拍手で迎えてくれますよ。

 

乗り込んだときは乗ったぞ~!!という気持ちで胸いっぱいでさっぱり写真はとっていませんでした(笑)

 

  

それでは、船にのりこんだらまずはお昼ごはんをたべにいきます。

 

お昼すぎについたのでおなかぺこぺこ。ちょうどお昼ごはんの時間帯なので、Cabanasはお客さん満員でした。

 

が、なんとか席をみつけて、順番でごはんをとりにいきました。

 

Cabanasはビュッフェ形式のレストランです。朝も昼も夜もやっています。

ただ、夜はローテーションダイニングのレストランで食べるので夜のCabanasは行ったことがないですね・・・。

 

朝ごはんでは基本的に我が家はこちらのお世話になっていました。 

 

f:id:mac-lily:20171019121003j:plain

 

Mine!Mine!Mine!の声がきこえてきそう~

f:id:mac-lily:20171019120620j:image

 

 夜ごはんもきっとお肉を食べるであろうに、昼もお肉、そしてポテト~!

f:id:mac-lily:20171018183642j:plain

 

 

 

 

 

 

ごはんを食べたらお部屋に入れる時間となったのでお部屋へ向かいます。

 

 

デラックス・ファミリー・オーシャンビュー・ステートルーム

 

お部屋は区切られてはいませんが、ベッドルームともう1つお部屋がある感じでとってもひろびろ!!

f:id:mac-lily:20171018183810j:plain

 

f:id:mac-lily:20171018183756j:plain



 

 

わたしたちが泊まったのは5020。Mちゃんたちはお隣の5022。

どちらのお部屋もこの船内図を見る限りほかのお部屋より断然大きくみえます。

でも、泊まったことのないお部屋のタイプだったので、もしかしてこの図が大きくみえるだけで実際はそんなことないんじゃないの!?とか疑っていました。

 

 f:id:mac-lily:20171019123432p:image

 

前回の2015メンバークルーズのときはベランダつきにしましたが、ベッドとソファーがならびで1ルームという感じでした。

 

なので、今回のお部屋はかなり広く、大型のスーツケースを2つ広げても余裕でしたね。

 

こちら↓↓2015年のときに泊まったお部屋です。2012年にアラスカクルーズへ行きましたがあのときもこんな感じでした。

f:id:mac-lily:20171019124437j:plain

 

 

お部屋の窓からはカーニバルマジックというクルーズ船がみえましたよ。

f:id:mac-lily:20171018183801j:plain

 

 

 お部屋の広さに感動しながら、次はこちら。メンバークルーズ恒例のお土産に目が奪われました。ベッドにずらりと並ぶお土産!!!

 

 

左側のバッグ以外はすべて今回のメンバークルーズのお土産です。

f:id:mac-lily:20171018183654j:plain

 

f:id:mac-lily:20171018183811j:plain

リュックの中にはメンバークルーズキャップとひんやり冷感タオル、タンブラーが入っていました。

 

 

左側のリュックは何?ということでこちらはキャスタウェイ・クラブ シルバーメンバーむけのお土産です。 

 

 

f:id:mac-lily:20171018184021j:plain

 

 

ディズニークルーズでは乗船すればキャスタウェイクラブのメンバーになることができます。

 

2回目からの乗船でシルバー、5回乗って、6回目からゴールド、10回乗って11回目からプラチナのランクが適応されるそうです。

 

プラチナになると船内のレストランPaloに招待されるそうです。いいなぁ~ってゴールドもまだまだですけどね。

 

 

 

 

 お部屋でお土産をみて中身をあけて写真を撮ってとひとしきりしたあとは、今回、日本人メンバーむけの説明会があるとのことで説明会へいってみました。

 

 

説明会はThe Tubeというデッキ4の後方にあるラウンジでありました。

f:id:mac-lily:20171019130619j:plain

  

Nさんが天井の丸い電球をみて「いくらみたいだね」と言ったのをきいてからは、天井はいくらにしかみえなくなりました(笑)

 

 

説明会がはじまる前にはドリンクと軽食のサービス。

甘いけどおいしいカクテル!もちろんおかわりしました。

f:id:mac-lily:20171019130642j:plain

 

軽食はいろいろ持ってきてくれましたが、夜ごはんのことを考えつつこんな感じで食べました。

f:id:mac-lily:20171018184111j:plain

 

 説明会では今回のクルーズでどんなことが行われるのか、日本語で書かれた冊子を配布され、イベントについての案内や今回のメンバーサービスのキャストさんの紹介がありました。

 

前回の2015年のメンバークルーズでもこういった日本人向けの説明会があって、とても助かりました。

英語もなんとなくはわかるけど、やっぱり日本語がよくわかります。

 

 

説明会のあとは避難訓練、そしてSailing Away Partyが待っています。